教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第93話 奉天会戦=板谷敏彦

    (前号まで)

     日本軍は旅順要塞(ようさい)を攻略、ロシア国内では革命運動が高まり、日露講和について、ドイツ皇帝が米大統領に親書を送ったといううわさが持ち上がるなど、戦争終結の観測が広がる。

     是清がもう一度欧米に資金調達の旅に出ることは既定の路線だった。明治38(1905)年2月、あらためて「帝国日本政府特派財務委員」に任命された。

     この役職は国際財務官、または政府財務委員として、是清の後はのちに首相になる大蔵官僚若槻礼次郎に継承されて続いていく。

    残り2438文字(全文2663文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット