経済・企業コロナで泣く企業

「医療」「自動化」「オフィス関連」AIが予測した「コロナで儲かる企業」の正体=ゼノデータ・ラボ/編集部

    「アフターコロナ」に、もうけが増える企業・減る企業

     緊急事態宣言の解除が進むなか、新型コロナ終息後、いわゆる「アフターコロナ」の企業業績はどうなるのか。

    ゼノデータ・ラボの分析では、医療やファクトリーオートメーション(工場生産の自動化、FA)関連で需要拡大が期待できる(表1)。1位のホギメディカルはマスクや手術用衣類といった不織布(ふしょくふ)製品を提供するほか、医療ロボット「エマロ」の代理販売も手掛けている。2位のメドピアもオンライン診療のプラットフォームサービスを展開しており、今後、需要が高まると見られている。

    (注)HDは「ホールディングス」、FGは「フィナンシャルグループ」の略。影響シナリオはすべて日本におけるもの。(出所)ゼノデータ・ラボ作成
    (注)HDは「ホールディングス」、FGは「フィナンシャルグループ」の略。影響シナリオはすべて日本におけるもの。(出所)ゼノデータ・ラボ作成

     製造業では、今回のような不測の事態でも生産ラインを確保できるように、FAへの対応が求められる。3位の菱電商事は三菱電機製のFA関連製品を幅広くそろえており、さまざまな業態の生産現場に対応可能なことがスコア上昇に影響している。

     4位にはキャッシュレス化の需要増から凸版印刷がランクインした。同社は地方のキャッシュレス決済支援プラットフォーム「地域ペイ」を2019年5月から提供している。

     テレワークの普及で懸念されるのがサイバー攻撃による被害。攻撃による被害に備える「サイバー保険」を扱っている8位のSOMPOホールディングス(HD)、13位の東京海上HDなどにとってはシェア拡大の好機になる。

     働き方の多様化や、人口が集中する都市部での暮らしに対する不安から、地方への移住を検討する人も増えている。7位のSBS HD、10位のヤマトHD、15位のセイノーHDは引っ越しや物流関連での需要が高まりそうだ。

    (注)HDは「ホールディングス」の略。影響シナリオはすべて日本におけるもの。(出所)ゼノデータ・ラボ作成
    (注)HDは「ホールディングス」の略。影響シナリオはすべて日本におけるもの。(出所)ゼノデータ・ラボ作成

     一方、減益可能性のランキングを見ると、テレワーク拡大のあおりを受けて、賃貸オフィス関連の企業が上位に並んだ(表2)。ハリマビステムはビルのメンテナンスや管理を主事業としており、オフィス需要減少の逆風を受ける。オフィス用品・設備・機器についても需要が落ち込むと分析されており、キングジムや日本空調サービスの減益可能性が高い。

     自宅で食事をする機会が増えるテレワークは、外食の需要減少につながる。3位のユナイテッド&コレクティブは居酒屋需要減少の影響が特に大きい。今後は家庭内需要の増加による肉・鮮魚・野菜の価格上昇も加わり、1年以上の長期にわたって影響を受けると見られている。

    (ゼノデータ・ラボ/編集部)

    (本誌初出 医療・工場自動化に特需 オフィス関連は苦戦=ゼノデータ・ラボ/編集部 2020/6/9)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事