国際・政治

サッカー本田圭佑の「20億円ファンド」にメガバンクが注目する理由【サンデー毎日】

    2025日本万国博覧会誘致委員会会長代行の松井一郎・大阪府知事(中央)と同副会長の吉村洋文・大阪市長(左)を表敬訪問した本田圭佑選手=大阪市中央区で2018年7月6日午後4時32分、木葉健二撮影
    2025日本万国博覧会誘致委員会会長代行の松井一郎・大阪府知事(中央)と同副会長の吉村洋文・大阪市長(左)を表敬訪問した本田圭佑選手=大阪市中央区で2018年7月6日午後4時32分、木葉健二撮影

    元サッカー日本代表選手の本田圭佑氏は5月28日、投資ファンドを設立するとオンライン記者会見で発表した。

    ファンド名は「WEIN挑戦者ファンド」。

    6月中に設立し、個人投資家を中心に20億円規模の資金を集める計画だという。

    本田氏は「出資後も起業家の挑戦を手厚く支援するファンドにしたい」と抱負を語った。

    投資先は健康、エンターテインメント、SDGs(持続可能な開発目標)関連などの分野で社会課題を解決する技術を持つスタートアップ企業(設立して間もない企業)。

    ファンドの代表を務めるのは、本田氏、ネスレ日本前社長の高岡浩三氏、健康管理アプリの「フィンクテクノロジーズ」創業者の溝口勇児氏。

    メガバンクの幹部は3人の顔ぶれをこう評価する。

    「インキュベーター(起業家を支援する組織)として高い資質を感じさせます。今後、(企業向けの2号)ファンドを組成する際は、投資を検討してみたい」

    本田氏はブラジルのプロチーム「ボタフォゴFR」所属の現役選手だが、ここ数年、投資家としても注目を集めている。

    2016年には、ポケットマネー数億円を基に「KSKエンジェルファンド」を設立し、50社を超える企業に投資した。

    投資先にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「フィナンシェ」、カフェなどで荷物を預けられるサービスの「ecbo」、クラウドファンディングプラット事業の「マクアケ」など。

    マクアケは昨年12月、東証マザーズに上場したが本田氏は保有株の一部を売却し、約4億円を手に入れている。

    手元資金を基にした「KSKエンジェルファンド」とは異なり、「WEIN挑戦者ファンド」は個人投資家など外部資金を募るため、運営には一層の透明性を確保する必要がある。

    そのため採用、マーケティング、財務などの機能を設け、投資事業を支える計画という。

    さらに大企業を中心に100億円規模の資金を募る2号ファンドを組成する考えもある。

    メガバンクが注目するのも無理はない。

    (森岡英樹)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事