経済・企業

「猥褻」の基準を作る男たち 「ビデ倫(ビデオ倫理協会)」の驚くべき素顔=森健(ジャーナリスト)【サンデー毎日】

    日本ビデオ倫理協会=東京都中央区日本橋本町で2008年3月1日午前8時26分、岩下幸一郎撮影
    日本ビデオ倫理協会=東京都中央区日本橋本町で2008年3月1日午前8時26分、岩下幸一郎撮影

    薄暗い廊下のドアを開けると、六畳ほどの殺風景な空間にテレビとビデオが設置され、きわどい性描写を映している。

    ペンと用紙をもった二人の男が座り、時間と描写を書き込んでいく。

    「おい、いまのところ止めて。ここちょっとキツイな」

    「どこでしょう」

    「アレ、まずいだろうが。何だかわからなくしてもらわないと」

    「わかりました……」

    作品に指摘しているのは日本ビデオ倫理協会(ビデ倫=当時。二〇〇八年に解散)の審査担当者、受けているのはアダルトビデオメーカーの受審担当者だ。

    指摘は曖昧だが、メーカー側が反論することはない。

    「細かく具体的にどう悪いと指摘された場合、それが〝判例〞となりかねない。だから、曖昧なままで修正を受け入れるんです」

    メーカー担当者はそう語った。

    一九九七年五月、猥褻の基準をめぐってAV業界の実相を取材していた。

    前身も含め、一九七二年発足のビデ倫は業界で権威的な存在だった。

    一九九六年の実績で五千四十二作品を審査、一枚六円の「審査済証」という認定シールを二千五百九十四万枚発行。審査料は六十分で三万六千円(十分延長で二千円が加算)。

    一作品六十分の単純計算でシール代と審査料で少なくとも計約三億三千七百十五万円をメーカーから徴収していた。

    だが、審査基準は曖昧だった。

    「『女子高生』はだめだが、『女子校生』はよい。セーラー服も肩の線が三本線はだめだが、二本線ならよいと意味不明なものもある」

    そう評論家は批判していた。

    警察庁長官官房総務課に尋ねると「性器が映っていれば犯罪という単純なものではない」と答え、禁止表現は一律ではないとした。

    そんな状況において、メーカーにとってビデ倫は欠かせない存在だった。

    認定シールがあれば「摘発されない」という免罪符となり小売店も取引してくれる。また、それだけではない担保もあった。

    複数の関係者によれば、ビデ倫内の組織、ビデオ倫理監視委員会には警察関係者が複数「天下り」していた。

    年度末発行の活動報告書には「○月○日警視庁△△警察から□□店において海賊版を販売との連絡あり。捜査協力を申し出た」と連綿と発表していた。

    「大手メーカーは毎年審査の先生を温泉旅行に連れていく。懇親があることで、少々の見逃しもある」

    とあるメーカー幹部が言えば、別のメーカー社員も言う。

    「結局ビデ倫は、対立する敵でもあると同時に擁護してくれる味方でもあるんです」

    ビデ倫は業界と猥褻の審査についてどう答えるのか。

    尋ねると、ビデ倫は「猥褻の基準は映倫(映画倫理機構)の基準を準用しているだけ」「報告は行政機関に提出しています」と素っ気ない答えを返すだけだった。

    結局、猥褻の基準は日本によくあるインナーサークルの構図で出されていた。そう思って新作ビデオを見ると、表面に書かれた「薄消し!」という表現もどこか苦労が滲にじんでいるように見えた。

    (文中、肩書等はいずれも当時)

    森健(もり・けん)

    ジャーナリスト。早稲田大卒。2012年、『「つなみ」の子どもたち 作文に書かれなかった物語』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。17年には『小倉昌男 祈りと経営』で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞を受賞

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事