教養・歴史書評

『勤勉な国の悲しい生産性』 ルディー和子著 日本実業出版社 1700円

    『勤勉な国の悲しい生産性』 ルディー和子著 日本実業出版社 1700円

     生産性を高める、といえば、議論の余地なく望ましいこととされている。しかし著者は、そもそも何が生産性を高くしたり低くしているかの判断基準は主観的なものに過ぎず、そこを目標にするのは時代錯誤だと断言する。そして日本人は勤勉である、集団主義である、というぼんやり信じられてきた概念の根拠のなさを白日の下にさらし、そこに依存してきた経営者を批判する。全編従業員目線で書かれた本書の経営論を、経営者たちはどう読むだろうか。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事