経済・企業“黒船”EVバス来襲!

知られざる日本製 極寒の地のEVバスにも採用 東芝「SCiB」電池の実力=金山隆一

     2万回もの充放電に耐えられ、事故など外部からの圧力でも発火する可能性が低い、安全性の高い日本製の電池がある。負極材にチタン酸リチウムを使った東芝のリチウムイオン電池「SCiB」だ。2008年に商品化され、減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時にはその電力でエンジンをアシストする「マイルドハイブリッド車」に採用。納入実績はスズキの「ワゴンR」など同社向けだけでも340万台を数える。

     EV向け電池としてもホンダの「フィット」や三菱自動車の「アイミーブ」などに採用されている。急速充電を繰り返しても劣化しにくい特性を持ち、寒冷地など過酷な環境でも充電できる。東芝によれば「3分の急速充電で80%の充電が可能」。このため、16年には北欧、18年にはロシアなど極寒地のEVバス用電池に採用された実績を持つ。「停留所などで少しずつ充電していく方式を採用している北欧で評判がいい」(東芝)。

    残り1238文字(全文1631文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事