週刊エコノミスト Online

2022年大学入試:入試速報第3弾 「理高文低」でも志願者伸ばす法学系/大学合格者高校別ランキング 上智、東京理科、学習院、関西、関西学院、南山…<サンデー毎日>

「サンデー毎日3月13日増大号」表紙
「サンデー毎日3月13日増大号」表紙

 景気の先行きが不透明になると、就職に強い理系学部の人気が高まり文系学部が低くなる、「理高文低」の出願傾向が強まる。2022年度入試(22年4月入学)の一般選抜もそうした傾向が見られるが、文系学部の中でも、系統によって出願状況に濃淡がある。 2月24日までに確定した私立大の学部系統別の出願状況を見ると、志願者が集まっているのは法学系で、前年を100とした時の指数は109。公務員の就職に有利な法学系は、経済状況が悪くなると人気が上がる。現時点で法の志願者が1000人以上増えている大学には、青山学院大や東洋大、法政大、立教大、同志社大、関西大、近畿大などがある。

 社会学系も指数が104と、志願者が増えている。代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員の坂口幸世氏は言う。

「社会学は、スポーツや芸術、消費行動学、心理学など、扱うフィールドが広く、多くの受験生の興味関心に応えられる。そのため、景気が不透明な中でも志願者が増加しているのだと思います」

 個別の大学では、同志社大、龍谷大の社会や近畿大・総合社会などの志願者増が顕著だ。

 経済・経営・商学系といった、いわゆるサラリーマン養成系では、経営の指数が104と堅調。企業と連携した課題解決型授業を行う大学も多く、実社会とのつながりの深さが志願者増の背景にありそうだ。東海大や東洋大、法政大、近畿大の経営で志願者が大きく増えている。

 経済・経営・商学系の残り二つの志願者指数は、経済が99で商が93と前年を下回っている。

 文・人文系の指数は101で前年並み。明治大・文や早稲田大の文と文化構想、南山大・人文、立命館大・文、同志社大・文、関西学院大・文などで志願者が大きく増えた。就職に強い系統ではないが、志願状況が堅調な理由について代ゼミの坂口氏は、「この系統は、学びたい分野がはっきりしている受験生が多く、景気や経済状況に左右されにくい」と話す。

 コロナ禍で留学が滞るなど、逆風の中で志願者が大きく減少してきた国際系の指数は102。

「コロナ禍が4年間続くとは考えない受験生が増えたのでしょう。これまでの志願者減が底を打ちました」(代ゼミの坂口氏)

 国際系は志願者回復 厳しさ続く外国語系

 国際系の志願者は、愛知大・国際コミュニケーションや青山学院大の地球社会共生と国際政治経済、東洋大・国際、法政大・国際文化、明治大・国際日本などが大幅増。

 国際系とは対照的に、外国語系の指数は82と減少が止まらない。主要100大学の集計で志願者が増えているのは、上智大・外国語くらいだ。外国語系とともに大きく志願者が減少しているのが社会福祉系で、指数は91。仕事の厳しさの割に給与面の見返りが小さいことが、出願動向に影を落としている。

 3月1日発売の「サンデー毎日3月13日増大号」には、以下の大学の合格者別高校ランキングも掲載しています。

 愛知学院大、跡見学園女子大、大阪経済法科大、学習院大、神奈川大、川崎医療福祉大、関西大、関西学院大、関東学院大、北里大、岐阜保健大、金城学院大、甲南大、神戸学院大、神戸女学院大、神戸薬科大、國學院大、駒澤大、埼玉医科大、札幌学院大、産業能率大、上智大、白百合女子大、成城大、西南学院大、聖路加国際大、聖隷クリストファー大、拓殖大、中部大、東京医療保健大、東京経済大、東京理科大、東北学院大、東洋大、東洋学園大、常葉大、名古屋学院大、南山大、二松学舎大、日本女子大、ノートルダム清心女子大、広島工業大、広島国際大、広島修道大、福井工業大、福岡工業大、福山大、佛教大、法政大、星薬科大、北海道医療大、美作大、武蔵大、明治学院大、明治薬科大、目白大、桃山学院大、桃山学院教育大、安田女子大、龍谷大、

〈サンデー毎日「2022年大学入試情報」掲載予定〉

3月20日号(3月8日発売) MARCH、関関同立など大学合格者高校別ランキング④私立大総集編

3月27日号(3月14日発売) 東大・京大高校別合格者数前期速報/難関国立大合格者高校別ランキング

4月3日号(3月22日発売) 早大・慶大など難関私立大高校別ランキング/東大・京大高校別合格者数前期詳報/主要1000高校の難関大合格実績一覧

4月10日号(3月29日発売) 国公立大高校別ランキング前・後期総集編/東大合格者実名アンケート

 「サンデー毎日3月13日増大号」には、他にも「ついに侵攻!ウクライナ危機はこうなる」「西山太吉90歳、かく憂える 西山事件50年目の真実」「NHK朝ドラ『3世代ヒロイン』『100年の人生』『49歳が演じる18歳』… 『カムカム』はなぜ、人の心をわしづかみするのか」などの記事が掲載されています。

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事