資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

能登の群発地震が数年以上続く可能性

石川・能登で震度6弱

群発地震を起こす地下の「流体」/105

 石川県能登地方で6月19日、震度6弱の直下型地震があり、その後も地震が続いている。観光名所「見附島」(石川県珠洲(すず)市)で島の一部が崩落するなどの被害が出た。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.2、深さ10キロメートルで起きた内陸地震である。

 能登半島北部では2020年12月から、同じ震源域で群発的な地震が起きている。その発生メカニズムは日本列島に典型的な直下型地震である。太平洋にある海のプレート(岩板)が日本列島を構成する陸のプレートの下にゆっくりと沈み込む際に、地盤の弱いところが割れて地震を起こすのである。

 ただし、能登半島の先端ではやや特殊なことが起きている。地盤深部の隙間(すきま)にしみこんだ水が上昇し、深さ約十数キロの位置にたまることで、地表をわずかに隆起させたと考えられている。国土地理院の調査によると、珠洲市で20年11月から今年5月まで4センチ隆起していることが分かった。

 珠洲市では20年12月以降に震度1以上の地震が148回観測され、震度4以上も5回起きている。よって、プレートによる典型的な地震発生のメカニズムに加えて、能登地方周辺の岩盤には新しく別の力が加わり、地震が頻発するようになったと考えられる。

松代では5年半も

 地下の岩石が水などの流体によって割れやすくなることは、地震学でも知られている。一般に内陸地震は地下の断層がずれることによって発生する。ここで外部から流体が断層面に入り込むと、断層がさらに滑りやすくなる現象が起きる。

 例えば、1965年から長野県松代町(現長野市)で5年半ほど続いた松代群発地震は、地下深部の高圧な水が割れ目に沿って上昇することで地震(最大M5.4)を引き起こした…

残り479文字(全文1229文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事