【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治

11月の米中間選 2年前の「ブルーウェーブ」再来か 中岡望

「ブルー・ウェーブ」再来でバイデン民主党の逆転勝利もある Bloomberg
「ブルー・ウェーブ」再来でバイデン民主党の逆転勝利もある Bloomberg

 従来、中間選で動かなかった民主党支持者に変化が起きている。バイデン氏が勝った大統領選の再現もある。

急速に巻き返す民主党 共和党を見限る反トランプ派

 11月8日に行われる米国の中間選挙は、同国の民主主義に極めて重要な影響を及ぼすことになる。

 中間選は大統領の2年間の政策に関する国民投票の色彩が強いが、今回はそれだけではない。トランプ前大統領が2024年の大統領選挙に出馬するかどうかを判断する選挙にもなるだろう。

残り3180文字(全文3387文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事