国際・政治

なぜ日本の官僚は「未知の脅威」に対応できないのか=孫崎享

    新型コロナウイルスへの対応で、世界中から批判された日本政府。

    その一方、シンガポールや台湾は、的確な対応によって感染拡大を食い止めつつあるとして、賞賛されています。

    日本の官僚は難しい試験をくぐり抜けた、まぎれもない「エリート集団」。

    実際に、かつての高度経済成長を指導したのは彼ら官僚たちであるのは間違いありません。

    ですが今やその存在が「上級国民」と揶揄(やゆ)されるなど、庶民の間に不信感が広がっています。

    優秀なはずの日本の官僚はなぜ危機対応に失敗してしまうのか。

    元外務省情報局長として官僚組織の実態に向き合ってきた孫崎享氏は、「もともと日本の官僚は『未知領域の地図』を描くのが得意ではない」と語ります。

    書籍『日本国の正体』(孫崎享著、毎日新聞出版刊)からの一部抜粋をおとどけします。

    ニューヨーク・タイムズの記者が「日本の失敗」を予言していた?!

    ―ー『(1990年代には)どの本も、日本はこのまま行けばおそらく2010年前後には、世界のトップの経済大国たる米国の地位を脅かすことになるだろう、と書いていた』

    ーー『私は何を見逃していたのか。答えは簡単だ。日本の官僚は、…(中略)…イノベーションという未知の領域の地図を描く術は知らなかった。』

    出典:デービッド・サンガー著「失われた20年からの脱出」

    (マッキンゼー・アンド・カンパニー編『日本の未来について話そう』小学館、2011年)

    デビット・サンガーは1960年生まれのニューヨーク・タイムズ社記者。

    サンガーは米国人記者にとって最大の栄誉であるピューリッツァー賞を2度受賞した優秀な記者で、1992年から94年にかけて、支局長として東京に滞在した。

    1995年には日米自動車交渉における「CIAの盗聴」をスクープしている。

    彼は、前掲論評で日本が何故競争力を失ったかを分析している。

    東京支局長当時を振り返って、「意気消沈した米国人やヨーロッパ人向けに、日本現象を解説した本も出た。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』『日本/権力構造の謎』『日米逆転│成功と衰退の軌跡』。どの本も、日本はこのまま行けばおそらく二〇一〇年前後には、世界のトップの経済大国たる米国の地位を脅かすことになるだろう、と書いていた」と述懐する。

    しかしこれらの予言は的中せず、日本は停滞の道を進む。

    サンガーは「何故日本が停滞の道を歩んだのか」を考察する。

    当時サンガーが通産省を訪問すると、通産官僚は得意げに日本の自動車産業が世界にどう展開しているかを、地図で示した。

    しかし、「日本の官僚は、イノベーションという未知の領域の地図を描く術は知らなかった」ことに彼は気付く。

    日本人は地図が与えられた時、上手に歩む。

    自動車産業には生産する「自動車」のモデルがある。ソニーが独創性を発揮した時期があったが、1990年代および21世紀に入って世界が急激なイノベーションの時代に入った今、日本発の製品はほとんどない。

    「世界のジョーク」日本人はこう皮肉られている!

    ――『豪華客船が沈みだした。船長は乗客に脱出して海に飛び込むように指示した。

       アメリカ人には〝飛び込めば貴方は英雄ですよ?

       ドイツ人には〝飛び込むのがこの船の規則です?

       イタリア人には〝飛び込めば女性にもてますよ?

       フランス人には〝飛び込まないでください?

       日本人には〝みんな飛び込んでいますよ?』

    出典:早坂隆著『世界の日本人ジョーク集』(中央公論新社、2004年)

    伝統を引き継いでいる西欧社会でジョークは重要な役割を果たしている。

    ジョークの内容には、弱者の強者に対するささやかな抵抗が表れている場合が多い。

    そうした点で世界的に著名なジョークは、1960年代ソ連の権力者であったフルシチョフについての次のジョークであろう。

    「ある男が赤の広場の塀に『フルシチョフはバカだ』と落書きした。この男は逮捕され、懲役11年を言い渡された。『俺の罪は何だ』と男が叫ぶと、裁判官は『1年は国の財産である壁を汚したため。残り10年は国家機密漏洩罪だ』と答えた」

    経済分野で勢力を持つ民族への反発が、ジョークの形をとっている場合も多い。

    最も多いのは経済力を持ち、いばっているイメージが流布する、ユダヤ人に対するジョークであろう。

    日本人も、1970年代、80年代と日本が経済力を増すにつれ、ジョークの対象となった。

    ジョークが広く流通するためには、人々の認識と一致している必要がある。

    日本人については「付和雷同」「自主性の欠如」が標的となる。

    別のジョークを見てみよう。

    ーー「ある時、大型客船が沈没し、それぞれ男2人と女1人という組み合わせで、各国の人が無人島へと流れ着いた。それからその島ではいったい何が起こっただろうか。

       イタリア人:男二人が女を巡って争い続けた。…(中略)…

       フランス人:女は男一人と結婚し、もう一人の男と浮気した。…(中略)…

       日本人:男二人は女をどう扱ったらよいか、トウキョウの本社に携帯電話で聞いた」

    書籍『日本国の正体』より一部抜粋)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事