国際・政治ワールドウオッチ

カリフォルニア テスラ累計生産100万台突破=中島和宏

    カリフォルニア州にあるテスラ社の工場 (Bloomberg)
    カリフォルニア州にあるテスラ社の工場 (Bloomberg)

     テスラ社は4月2日、1~3月の合計出荷台数が8万8400台だったと発表した。内訳は、小型セダンのモデル3と小型SUV(スポーツタイプ多目的車)のモデルYが7万6200台、セダンのモデルSとSUVのモデルXが1万2200台。新型コロナウイルスの影響でカリフォルニア州フリーモント工場や上海工場が一時閉鎖したものの、昨年同四半期の出荷台数7万7100台を大きく上回った。

     同社は2019年10~12月の生産台数を約10万4900台、出荷台数11万2000台として、ともに過去最高を記録。年間出荷台数も当初目標の36万台を超えている。中でもモデル3は30万2000台と前年比2倍に増加した。

     イーロン・マスクCEOは3月に入り、ツイッターで累計生産台数100万台を達成したと発表し、生産能力の拡大ぶりをアピールした。

     テスラの主力工場であるフリーモント工場の現在の生産能力は年間約59万台といわれており、これに上海工場が昨年末より稼働していた。さらに来年にはドイツの新工場での出荷開始を予定するが、新型コロナの終息時期が読めないため、先行きは不透明だ。

    (中島和宏・JABIシリコンバレー)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事