国際・政治

「コロナ禍」にヴィットリオ・デ・シーカ監督『ひまわり』をHDレストア上映する意味

臨時休館した映画館=大阪市阿倍野区で2020年4月10日午後5時45分、平川義之撮影
臨時休館した映画館=大阪市阿倍野区で2020年4月10日午後5時45分、平川義之撮影

第二次世界大戦に出征したまま行方不明の夫を求め、言葉も通じない冷戦下のソ連を捜し回るイタリア人妻。

その悲しい愛を描いたイタリア映画「ひまわり」が、初公開から半世紀となるのを記念し「ひまわり 50周年HDレストア版」との題名で近々公開される。

「ひまわり」は1970年に初公開され、日本では洋画興行5位の大ヒットに。

その後も何度となく上映されてきた。

節目の年に今回、配給元となるアンプラグドの加藤武史代表は「本国で記念公開をするのか」と上映権などを持つイタリアの権利会社に問い合わせた。

答えは「アカデミー賞受賞の『自転車泥棒』や『昨日・今日・明日』と比べると、『ひまわり』はソフィア・ローレンが国内の女優賞を獲得したくらい。ヴィットリオ・デ・シーカ監督の主要作ではないので、特に考えていない」。

加藤代表は「日本が世界で一番この作品を愛していたことが分かり、独自に公開しようと決めました」。

肝心のネガは権利会社にあったが、ネガ缶の蓋ふたをあけるとボロボロで、とても使える状態ではなかったそうだ。

加藤代表は「というのも元々、(プロデューサーの)カルロ・ポンティの製作会社が倒産して資料も権利も分散状態に。伊、仏、日、米、どこにもネガがないので、日本のみでポジフィルムからデジタル修復をすることにしました」と名作復刻の裏側を語る。

「HDレストア版」とは高精細・高解像度による修復・修正を意味する。

画面の揺らぎや色調を修正し、ノイズを消す。

ただ、セリフと音楽が一体になった部分はさすがに無理だった。

修復は難作業というより、ひたすら細かな作業の連続だったという。

「ひまわり」は愛情、戦争の惨禍、歳月の重さを描いてメロドラマとしても、反戦映画としても不朽の一作だ。「いかに集中して観てもらえるか。修復が気にならなかったと言われれば成功です」と加藤代表は言う。

(南條廣介)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事