国際・政治菅人脈と手腕

地銀再編 「多すぎる」発言で株価急騰 山陰、東北、九州が発火点か=大槻奈那

    再編が加速するか(島根銀行とSBIホールディングスも資本・業務提携会見、2019年月)
    再編が加速するか(島根銀行とSBIホールディングスも資本・業務提携会見、2019年月)

     9月の第1週、地銀株に異変が起きた。1週間の株価上昇率は、福島銀行で53%、筑波銀行で37%に上り、2桁上昇した銀行は9行に上った。計算上は数十年に1度の上昇幅で、市場は“地銀株祭り”の様相を呈した。

     きっかけは、菅義偉官房長官が9月2日、自民党総裁選への出馬会見で地銀について「数が多すぎる」と発言したことだった。日銀との関係も維持する方針と見られ、異次元緩和を継続する公算が大きい。新型コロナウイルスの状況次第では、更なる緩和もあるかもしれない。それを可能にするには、地銀再編は不可避との読みが株価上昇を後押しした。

     一方、地銀は消極的だ。特に第一地銀は過去10年、持ち株会社による統合はあったものの、銀行数も従業員数も全く減らしていない。

    残り1687文字(全文2010文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット