【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

デザインEV充電器メーカー、「景観生かす高級感あるスタンドを」=永井隆

木のぬくもりを感じさせる落ち着いたデザインは従来の充電器のイメージとは一線を画す プラゴ提供
木のぬくもりを感じさせる落ち着いたデザインは従来の充電器のイメージとは一線を画す プラゴ提供

個性派EVベンチャー2 PLUGO(プラゴ)

デザインEV充電器メーカー 「景観生かす高級感あるスタンドを」

 自動車ブレーキメーカーの子会社がEV用充電器を開発した。

(聞き手=永井隆・ジャーナリスト)

── 参入のきっかけは。

大川 私は1934年創業の大川精螺(せいら)工業(東京都品川区)の4代目社長を兼務している。大川精螺は自動車のブレーキ部品メーカー。日産自動車が主要取引先で、私自身、同社のEV「リーフ」に2017年から乗っている。しかし、ユーザー目線ではEVの充電インフラが整備されていない状況に大きな不満があった。東京から軽井沢へのドライブでバッテリーがなくなりかけたこともある。ならば自分で解決しようと18年7月に充電器の専門サービス会社を立ち上げた。社名の由来はPLUGとGOを掛け合わせてプラゴ。(EV世界戦)

── 国内の充電器は20年度に前年度比3.6%減の2万9233基と初めて減少した。

大川 国が普及させようとしているのは高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅などにある急速充電器と普通充電器。充電待ちの渋滞や、場所によっては使われないこともある。補助金頼みで無計画、無戦略で設置した結果だ。

 一方、当社は高級ホテルや旅館、ゴルフ場といった目的地での充電。駐車は長時間なので、200ボルトの普通充電器で十分。こうした施設の景観を損なわないように、デザイン性を重視した。充電器のソフトウエアを遠隔で更新でき、8月からスマートフォン予約と利用電気料金の課金処理も始めた。こうした仕組みは「テスラの充電器版」と言える。

25年に国内で1万5000基目指す

── 実用化で、気付いた点は。

大川 名門の「茨城ゴルフ倶楽部」(つくばみらい市)は19年4月に3基導入し、今年6月は合計で40回使われた。仮に1基しか設置していなければ、利用が集中する土日はさばききれなかったはずだ。「充電器があるとゴルフに行く気になる」という利用者もいた。同倶楽部での評判が広まり、引き合いが増えた。

── 日本ではEVが普及するほどに、火力発電所の稼働率が上がり、二酸化炭素(CO2)が逆に増える懸念がある。

大川 8月から「グリーン充電」を始めた。これで当社のすべての充電器は再エネ由来となった。グリーン充電とは、グリーンエネルギー証書制度を利用したもの。実際の充電には系統の電気を使うが、利用者は再エネを使用したとみなされ証書を受け取れる。例えばホテルなどの施設は何もしなくとも、CO2を削減したことになる。

── 今後の目標と戦略は。

大川 25年には国内で1万5000基を設置するのが目標。この時点での、充電器シェア10%を確保する。脱炭素の実現には、EVも再エネで給電しなければ意味はないので、EVの使用済みリチウムイオン電池を使った蓄電事業を計画している。EVの電力需要に対応するためには蓄電池活用は必須だ。シンガポールやインドなど海外での展開も視野に入れている。


PLUGO(プラゴ)(東京都品川区)

事業内容:EV向け充電器などの開発・販売

本社所在地:東京都品川区

設立:2018年

資本金:2500万円

従業員数:7人


 ■人物略歴

 ●大川直樹(おおかわ・なおき)

 1980年東京都生まれ。2002年慶応義塾大学法学部卒業。電通に入社し、携帯電話市場におけるマーケティング業務などに従事。18年にプラゴを設立した。41歳。

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事