【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

テクノロジーAI図解 日本の未来

「コロナで終電繰り上げ」が影響を及ぼす「意外なサービス」の正体

終電を前に家路につく乗客たち=東京都新宿区で2020年9月25日午後11時58分、西夏生撮影
終電を前に家路につく乗客たち=東京都新宿区で2020年9月25日午後11時58分、西夏生撮影

AI(人工知能)を使った業績予測システム「ゼノブレイン」では、終電時刻繰り上げが及ぼす日本企業への影響として、主に六つの経路を示した。

マイナスの影響が大きいと分析されたのは居酒屋やスナック、バーなどで、素直な結果が出たと言えるだろう。

酒類を提供する飲食店は、新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けるなか、今回の件が追い打ちとなる。

また、深夜まで営業しているレストラン、2次会で利用されるカラオケなども利用客の減少が懸念される。

しかし、残業などの理由から、「終電を逃す人たち」が増えるとも予測される。

このような人たちが居酒屋やレストランを利用することも考えられるが、むしろインターネットカフェやタクシー、カプセルホテルやビジネスホテルの利用者が増加する予測となった。

この影響は一時的なもので、長期的には期待できないという見方もあるが、実際にインターネットカフェ関連株が急騰するなど、市場への期待はすでに表れている。

また、このほかに予想されたのが、働き方や生活スタイルの変化だ。

終電時間が早まることで働き方改革が進み、生活スタイルが朝方にシフトすることで、ファストフード店やカフェの朝食サービスの需要が増加するという経路が浮かび上がった。

なお、JR東西両社への影響はプラスに傾くという分析結果となった。

深夜の利用者数の減少よりも、乗車率の低い電車の本数を減らすことによるコスト削減のほうが効果は大きいと見られる。

一方で、私鉄やバスなどはいまのところ利用数減少のマイナス影響が強いが、同じく終電繰り上げの対応を発表すれば、プラスの影響が強くなることもあり得そうだ。

(本誌初出 第4回 終電繰り上げで「朝方サービス」需要増=ゼノデータ・ラボ 20201124)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事