【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業AI図解 日本の未来

「GoToキャンペーン」本当に効果があるのかAIで分析した結果

「GoToトラベル」についての記者の質問に答える西村康稔経済再生担当相=東京千代田区で2020年11月24日午後8時28分、宮間俊樹撮影
「GoToトラベル」についての記者の質問に答える西村康稔経済再生担当相=東京千代田区で2020年11月24日午後8時28分、宮間俊樹撮影

業績予測システム「ゼノブレイン」のAI(人工知能)が、その影響スコアを算出した。

「GoToトラベル」

「GoToイート」

「GoTo商店街」

「GoToイベント」

の事業が及ぼす影響スコアを合計した表を見ると、ホテルを中心とした上位の企業は軒並み100を超えた。

これは各企業の売り上げに対して、重要なプラスの影響がほぼ確実に出ることを示している。

また、グローバルダイニングやライフフーズのような外食産業も100には届かないものの、影響スコアは高い結果になった。

GoToイートだけでなく、GoToトラベル利用時に配布される「地域共通クーポン」の恩恵も出たと見られる。

なお、同一業界に属する企業の間でもスコアが異なるのは、事業別の売上高構成比率によって差が生じるためである。

例えば、同じ宿泊業界の中でも、旅行や外食など多角的に事業展開している企業は、GoToトラベルによるホテル需要増加の恩恵も相対的に小さい結果になった。

観光業ほどではないが、インターネット広告関連企業も恩恵を受けると予想されている。

GoToキャンペーンはウェブ予約が多く行われており、デジタル化の潮流を加速させる形で需要が増加すると考えられる。

一方で、フリーペーパーや雑誌広告などの他媒体による広告需要は、反比例的に減少することが予測される。

また、スコア値として大きくはないが、保険業界にとってはマイナスの影響があるという結果が出た。

これは自動車を使った国内旅行が増えることで、交通事故件数の増加につながり、保険の支払いから営業利益の減少につながるというシナリオだ。

(本誌初出 第5回 「GoTo」で観光・飲食に強い追い風=ゼノデータ・ラボ 20201201)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事