資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

動く大陸&割れる大地/4 欧州を襲ったマグマ水蒸気爆発/72

     北大西洋に浮かぶ氷の島アイスランドで2010年4月に起きた火山噴火は、世界に深刻な影響をもたらした。エイヤフィヤトラヨークトル火山から噴出した火山灰が欧州大陸を覆いつくした結果、医薬品・電子部品・生鮮食料品などの航空貨物がストップし、一時は28カ国が空港を全面閉鎖したのである。航空各社が被った被害総額は1600億円に達し、01年に起きた米同時多発テロを上回ったとされる。

     こうした甚大な影響が出た原因は、アイスランドの地学と密接に関係する。前回は大西洋の中央海嶺(かいれい)が上陸したため噴火が頻繁に起きる説明をしたが、厚い氷河に覆われている火山にマグマが貫入するとこうした危険な噴火が起きる。すなわち「マグマ水蒸気爆発」という爆発力が強い噴火である。

     最初に火山の地下で地震が発生し、次第に地震の起きる場所が浅くなった。高温のマグマが地上へ近づいて来た結果、山頂近くの氷河が徐々に溶け大量の水がたまり始めた(図)。

     その水が引き続き地下から上昇してきたマグマと触れ、水蒸気になり体積が1000倍ほどに膨れ上がった。この膨張でマグマが細かく引きちぎられ、非常に細かい火山灰ができた。火山灰と水蒸気は高度1万メートルまで噴き上がり、大量の火山灰が上空を吹く西風に乗って欧州中に拡散したのである。

     アイスランドは高緯度にあるため、日本のように偏西風が常時吹いているわけではない。ところが、当時は運悪く西風が連続して吹いていたため、欧州全域まで火山灰が広がった。

    航空機の「大敵」

     上空を漂う火山灰は航空…

    残り586文字(全文1236文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事