週刊エコノミスト Online注目の特集

《超円安サバイバル》 “先進国最下位クラス”の安い日本 私たちの未来は…

急速な歴史的円安の到来で、日本経済の先行きは五里霧中だ。我々はこの「サバイバル」をどう乗り切るべきなのか。“超円安”の影響を検証するとともに、マーケットの行方を占う。

日本のビッグマック指数、タイや中韓の下

外国為替市場で円の「独歩安」が止まらない。日本経済の先行きを曇らせる歴史的な超円安。それは、ビッグマックの価格にもあらわれている。日本で買えるビッグマックは、なんとブラジルやタイよりも安い――。>>>記事はこちら

歴史的円安下の街を歩く、海外でも円安による”異変”

歴史的な円安が仕事や暮らしに影を落としている。観光地は、町工場は……。週刊エコノミスト編集部が日本国内と海外の街に飛び、話を聞いた。>>>記事はこちら

米国株は上値重く のしかかるインフレ圧力

米国経済は金融引き締めとウクライナ侵攻などの不安材料はあるものの、株価は年末にかけて緩やかに上向く可能性がある。>>>記事はこちら

日本株は市況波乱続く 年末にかけて3万円台回復も

日本株は短期的に日経平均2万6000円台を中心としたもみ合いが続くが、年末までに3万円を超えると見込まれる。企業収益は「減速すれども後退せず」と予想されるからだ。>>>記事はこちら

円安の恩恵を受ける25銘柄、インバウンド関連にも期待

円安で人々の暮らしが打撃を被る中、輸出業を中心に「業績上振れ」期待が高まる企業も。円安の恩恵を受ける注目の銘柄は――。>>>記事はこちら

<特集「超円安サバイバル」このほかの記事はこちら>

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事