経済・企業エコノミストリポート

中国で伸びる「ライブコマース」って? ネットの商品実況で保険も販売=片山ゆき

    「ライブコマースの女王」と称される薇婭氏
    「ライブコマースの女王」と称される薇婭氏

     中国では、商品説明をインターネットでライブ配信し、視聴者と配信者がやり取りをしながら購入できる「ライブコマース」が伸びている。特に、新型コロナウイルスの流行後、店舗や対面での販売が回避されがちな中であらゆる商品に広がり、影響力の大きい「インフルエンサー」も出現している。

     ライブコマースは2016年ごろから始まり、その市場規模は爆発的に拡大している(図1)。中国の調査会社「iiMedia Reserch」によると、19年の市場規模は約4500億元(約7兆円)で、前年の約3倍に成長。電子商取引(EC)全体の4・5%を占めている。20年は新型コロナによる巣ごもり消費も加わり、その規模はさらに倍以上に膨らみ、1兆元(約15兆円)を超えると推計されている。ユーザー数も年々増え、20年3月時点で5・6億人に達している。

     市場拡大の背景には、中国語で「網紅(ワンホン)(=ネット上の著名人)」と呼ばれるインフルエンサーの存在が大きい。男性なら「口紅王子」と呼ばれる李佳琦(オースティン)氏、女性なら「ライブコマースの女王」こと薇婭(ウェイヤー)氏が有名だ。例えば、李氏は化粧品販売員で、男性でありながら自身で口紅をつけ、使用感や発色などをライブ配信したことで注目を集めた。「买它!买它!买它!」(「买」は日本語で「買う」…

    残り2163文字(全文2722文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット