国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

高まる“米中分離”の懸念 「弱点」の国産部品をてこ入れ=真家陽一

    米中分離が進めば、デジタル分野には深刻な影響も (Bloomberg)
    米中分離が進めば、デジタル分野には深刻な影響も (Bloomberg)

    「新冷戦を進め、デカップリング(分断)や制裁を行うことは、世界を分裂・対決に向かわせるだけだ」。習近平国家主席は1月25日、世界経済フォーラム(ダボス会議)のオンライン会合で、こう指摘した。発言の念頭に米国があることは言うまでもない。米国ではバイデン新政権が1月20日に発足したが、議会は超党派で中国に対して強硬姿勢であることから、対中政策に大きな変化はないとの見方が大勢を占める。

     こうした中、中国政府は米国の制裁措置に対抗すべく、輸出・投資規制の強化策を矢継ぎ早に打ち出している。昨年12月には軍用品やデュアルユース(軍民両用)品などの輸出を規制する「輸出管理法」を施行。日本企業にとって大きなリスクと認識されている。日本貿易振興機構(ジェトロ)が1月29日に公表した「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」では、保護貿易主義の影響を受ける通商政策として、「中国の輸出管…

    残り920文字(全文1311文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事