国際・政治論壇・論調

1国2制度を破壊する香港国安法成立に懸念の声=坂東賢治

    中国政府直属の治安維持機関が設置され、警戒感が高まる(Bloomberg)
    中国政府直属の治安維持機関が設置され、警戒感が高まる(Bloomberg)

     中国全国人民代表大会の常務委員会が7月1日の香港返還記念日の前日、香港での国家分裂活動などを禁止する香港国家安全維持法(国安法)を可決し、即日施行された。香港の旧宗主国である英国は日本や欧米と共に香港の高度な自治を認めた中英共同宣言違反であり、「1国2制度」を破壊すると非難する共同声明を出した。

     一方、中国共産党の機関紙『人民日報』(7月2日)は評論員論文で「香港を長期的に繁栄、安定させる防波堤が築かれた」と正当性を強調した。民主主義国家と中国の価値観が真っ向から衝突する形だ。米『ワシントン・ポスト』紙は社説(7月2日)で「言論の自由と法治のとりでが窒息させられた」「世界の自由にとって悲しい日だ」とその歴史的な意味を説いた。

     香港の憲法に当たる香港基本法は香港特別区政府に国家安全法制の整備を義務づけている。しかし、2003年に提案された国家安全条例案が50万人の反対デモで撤回されて以来、歴代政府は提案を見送ってきた。中国は昨年の「逃亡犯条例」改正案をめぐる大規模な反対デモで香港政府に見切りをつけ、香港議会を通じずに自ら制定するという「裏技」を使った。

    残り874文字(全文1357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット