マーケット・金融グラフの声を聞く

「国が株価を下支えしはじめると危ない」第2次大戦中の相場が語る危機時の値動き

特攻隊が体当たりし炎上した米空母バンカー・ヒル
特攻隊が体当たりし炎上した米空母バンカー・ヒル

 もうすぐ戦後75年の節目を迎える。戦時中の株価について見ると、一貫して高値を維持していた。これは当局が徹底的に買い支えていたからだ。もっとも、当初からそうであったわけではない。日中戦争が勃発した1937年7月は、高橋財政(31~34年の高橋是清蔵相による財政支出拡大策)から続く長期上昇相場の転換点となっている。株式市場はこの戦争が「亡国の道」であることを読んでいたのだ。

(出所)東洋経済年鑑(昭和19年版)
(出所)東洋経済年鑑(昭和19年版)

 政府は、株価の最低価格を決める株価統制令を出すなど、株価の下支えを行った。こうした状況下で日米戦争に突入する。『証券百年史』(日本経済新聞社)によると、「真珠湾攻撃の朝の寄り付きが前日終値を上回るよう、東証に株価操作を依頼していた」という。これは杞憂(きゆう)に終わり、株価は後場から急騰。閉塞(へいそく)感が吹き飛ぶ中、開戦後1年で47%の急伸となった(図1)。

(出所)ニューヨーク証券取引所、Global Financial Data
(出所)ニューヨーク証券取引所、Global Financial Data

 その後は戦局の悪化に伴い、国民生活は困窮の度合いを強めたが、政府は敗戦直前まで無制限の株式購入を行って株価を維持した。この点、開戦当初のピンチでも株価下落を放置した英米は余裕があった(図2)。

 こうした中、戦後を見越して、「昭和20年7月後半から製粉、紡績などの民需株が上昇、国家の買い支えで維持されている軍需株とは対照的な動きをし始めた」(同書)という。株式市場の先見性はいつの時代も的確だ。

(市岡繁男・相場研究家)

(本誌初出 太平洋戦争中の株価は高かった=市岡繁男 20200804)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事