国際・政治ワールドウオッチ

ドバイ 石油の次は「水素」=池上理

    グリーン水素製造施設が建設されているドバイのソーラーパークのイメージ図 ドバイ電力・水庁より
    グリーン水素製造施設が建設されているドバイのソーラーパークのイメージ図 ドバイ電力・水庁より

     二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーである「水素」の製造を巡り、石油・ガスに恵まれる湾岸諸国の動きが活発だ。

     アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国では、ドバイ電力・水庁が「グリーン水素」の製造施設の建設を進めている。グリーン水素は太陽光発電により、水を電気分解して生成し、燃料電池車向けに供給される計画だ。サウジアラビアでも、NEOM(ネオム)と呼ばれる新都市計画で、世界最大規模となる総額50億ドルのグリーン水素・アンモニア製造施設を建設する。グリーン水素は製造コストがかさむ点が課題だが、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の調査によれば、2030年ごろには従来の化石燃料由来の水素と、同等の水準にまで低下する見通しだ。

     化石燃料由来の水素製造に関しても、製造時に排出されるCO2の回収・利用・貯蔵(CCUS)と組み合わせることで、「ブルー水素」と呼ばれるクリーンな水素の製造が可能となる。サウジアラムコなど湾岸各国の石油公社は、石油需要が30年にもピークを迎えるとの予測を踏まえて、新たな収入源を確保すべく、ブルー水素事業の実証研究を進めている。

    (池上理・国際協力銀行ドバイ駐在員事務所)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事